写真館で撮る記念写真〜子供の成長を記憶に残す〜

記事を検索
Contnets

デジカメ撮影のコツは

デジカメが普及した現在、写真をとるということはとても身近なこととなっています。
子供の成長記録。
旅行などの記念写真。
また携帯電話の付属のカメラでは、友達にちょっとみてもらいたい面白いもの。
といった軽いものまでも撮影してメールに添付している人が多いのではないでしょうか。
そんなデジタルカメラですが、うまく撮るコツがあります。
まずは手ぶれ。
デジカメですと手ぶれ補正機能がついているものも多いですが、携帯電話のカメラですと機種によるようです。
この手ブレは写真の大敵です。
三脚などがある場合は使用しましょう。
ないときは(あまり携帯カメラ用の三脚を常備している人はいないでしょうが)脇をぎゅっと締め、しっかり携帯を握り、できるだけ手ブレを防いでください。
次にピントあわせです。
もちろんデジカメも携帯電話のカメラも、その多くはオートフォーカスです。
ピントは自動調節してくれます。
それなのにピンボケの写真になってしまう。
そんな経験ありませんか。
それはシャッターを押したときに写真が撮られているという誤解から生じる失敗です。
多くのデジカメはシャッターを半押しにするとピントを合わせてくれます(ぴっぴと確認音のする機種も多いです)。
その後でさらに押し込むとシャッターが落ちます。
普段強く一回シャッターを押すだけで写真を撮っていると思いますが、この二段階の動作を経て撮影されています。
まず第一段階のピントを合わせている段階でカメラを動かしてしまうので手ぶれの状態となり、ピンボケ写真ができてしまうというわけです。
記念写真や物体のようにしばらく静止がきくものを撮影するときには、かならず「半押しピント合わせ」をしてからシャッターを切るようにしましょう。
Copyright (C)2017写真館で撮る記念写真〜子供の成長を記憶に残す〜.All rights reserved.